外付けHDD差込口破損修理事例

依頼主様:大阪市内から個人のお客様

診断方法:持ち込み修理

対象媒体:BUFFALO外付けポータブル

対応結果:このように差し込み口の破損で認識しなくなった症状です。

お客様が頻繁に抜き差しを繰り返していて、少し前にぐらつきがあったのですが
気にせず使っていると急に認識しなくなったので 相談いただけました。
半田付けで修理もおすすめ致しましたが すでに同じ外付けハードディスクの色違いを
購入しているとの事で 中のハードディスクは正常なので 新しい外付けhddに
データ移行致しました。( ´∀` )( ´∀` )( ´∀` )( ´∀` )


このようなデータの移行・復旧修理作業・液晶交換・Windowsシステムの破損
hdd~SSDの換装
ご依頼は当社パソコン修理ロボコンでお待ちしております。
データ復旧(物理障害・論理障害)のご依頼も持ち込み・出張修理・郵送の
受付対応もさせて頂いています ご連絡お待ち致しております。
USBを差し込むと勝手にフォーマットする必要がありますと聞いてくる。
hddが認識しないカチカチと異音がする 等々 その他 ネットに繋がらない
HDDからSSDの入れ替え パソコンの電源は付くが画面が立ち上がらない 
パソコンが一定の所から進まない等々
電源は付いているが画面が立ち上がらない
電源を入れて立ち上がる前にループする
HDDを使っていてるが、遅いのでSSDへの交換をして見たい
パソコンが起動しない大事なデータを取り出したい
Windows7を使っている等々 ございましたらお気軽にお電話お待ちしております。
パソコンの相談は大阪市北区南森町駅 6番出口北へ 1分
パソコン修理・データ復旧の事は・ロボコン迄  お電話お待ちしております。
今回も修理の依頼を頂き 有り難う御座いました。 (^_^;)(^_^;)(^_^;)